株式会社フェニックスはICTで日本の力を引き出します

通販サイト

  • HOME »
  • 通販サイト

インターネットがWEBからSNSへと拡がり、PCからスマホ、タブレットへと拡がることで、BtoCビジネスは多様化とスピードを求められています。
何を行う事でどう変わったのか?
フィードバックも大切になり、結果はこの細かな積み上げの結果生まれます。
とことん親身になることで、お客様が次の展開が可能になるようエネルギーを集中することが大切だと考えています。

よく楽天、Yahooに出店したいという相談を受けます。
またamazonでのコマースも始まりました。

しかし楽天もYahooも各お店の売り上げは、二極化しており、高い売り上げと月数万円の売り上げに分かれ、真ん中がありません。 商品点数が多いお店が有利になる仕組みです。1000点や2000点はザラです。 たくさんある商品の中から選択してもらうためには、情報の発信に手間をかけなければならなくなりました。
実際の店舗運用の他に、通販を行うことは作業の面で負担が増えます。写真の撮影、文章の作成、商品とページのアップまで、慣れていないと大変なことも多くなりました。弊社では代行業務も行っておりますので、ご相談ください。

また楽天の場合、システム使用の基本料金があり、そこにクレジット利用の手数料(ユーザーの約半分以上)がかかるため、店舗の実質利益は相当下がります。 楽天、Yahooのコンサルティングは、プレゼントキャンペーンからメールアドレスを集め(潜在顧客)、メルマガなどで顧客化していくという方法を取っています。 では該当しない場合、どうすればいいのでしょうか?

商品が少ない場合、自社で立ち上げて、WEBプロモーションをかける方法があります。 キーワード広告を使いadwordsで商品が使われるシーンからキーワードを考え、マッチさせる方法もあります。

ただ、単独で存在するより、LINK含めて豊富なほうが強いので、Facebook含めてのファン作りも有効です。

通販は「ディテールに神が宿る」と言っても語弊がないくらいです。

ツールは自分で使いやすく、すぐに更新できる自由度の高いものがお勧めです。

そういうツールとして、以下で選択が必要です。

1)サーバ側で利用できるタイプ

2)PCにインストールするタイプ この2種類になります。

1)は、フリーのものから有料のものまであります。無料のオープンソースで有名なところとしては、EC-CUBE。 ZEN-cart,osCommerceは一時期使われましたが、現在はEC-CUBEが参加企業も多く、開発が進んでいます。

2)は、ネットショップオーナーなどが有名でしょう。

1)を選ぶか2)を選ぶかは、コストもありますが、できることが違います。 たとえば友人にだけ紹介したいクローズドのページを作成したい場合、2)を使わないと無理です。 弊社はどちらでも対応しています。 通販を開始した後、 月の売り上げで100万円を超えると、時間が相当かかるようになります。受注データをコピーペーストしていては間に合いません。 1)お客様でデータを決算用のソフト(弥生会計など)に連動する必要が出たり 2)プリンターで宅急便会社の送り状に連動してプリントできたり このあたりのコンサルティングも行っています。 ちなみにソフトを使う場合は、お手軽通販、マイティ通信販売が有名です。マイティはプリンター連動、販売ソフトは弥生販売に連動します。 弊社は東京で唯一のマイティ通信販売の代理店となっています。

セカンドオピニオン・サービスも実施しております。

お問い合わせ TEL 03-5786-0533 09:00-18:00




お問い合わせ
TEL:03-5786-0533
PAGETOP